このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 四万十川自然再生事業とは?
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
四万十川自然再生事業とは?

気象・地象条件の厳しいわが国では、河川管理においては、洪水から人々の生命や財産を守ることが最優先されてきました。川を直線化したり、川幅を狭めたり、コンクリートで護岸を固めるなど、効率的に安全性を確保する整備が進められ、清らかな川の流れやたくさんの生き物が棲む水辺など、古きよき川の風景は失われてしまいました。
しかし、近年では、川が本来有している生き物の良好な生息環境への配慮や、自然景観の保全・創出という考え方が一般化しました。なかでも、平成14年から取り組まれている自然再生事業は、川においては「流域」という大きな視点で再自然化を進める、新しい考え方に基づく事業です。極力人間の手を加えず、自然の力を活かして「川のシステム(本来あるべき姿)」を取り戻す自然再生事業は、全国から注目されています。



高知県西部を流れる四万十川は、「日本最後の清流」と呼ばれ、全国的にも有名です。水質のよさもさることながら、アユなどさまざまな生き物が棲み、豊かな自然がたくさん残されていること、さらに川漁など流域の人たちの生活が川と密接に関わりあっている姿も垣間見ることができることなどから、四万十川を愛好する人、訪れる人は後を絶ちません。
しかし、このような四万十川でも、日々そこに暮らす地域住民の目から見ると、水質・透明度の悪化、河床低下やみお筋の固定化、アユの産卵場の減少など、さまざまな問題・課題が指摘されています。
そこで、国土交通省中村河川国道事務所では、人と自然とが共生できていた昭和30〜40年代の四万十川の原風景の保全・再生を目指して、平成14年から「四万十川自然再生事業」を始めました。

《四万十川データ》
□源流:高知県津野町 不入山(いらずやま)
□流域面積:2,270km2[四国2位、全国27位]
□幹線流路延長:196km[四国1位、全国11位]
□四万十川の支流:319本
□関係市町村:11市町村[高知県宿毛(すくも)市、四万十市、中土佐町、梼原(ゆすはら)町、津野町、四万十町、
  黒潮町、三原村、愛媛県宇和島市、松野町、鬼北(きほく)町]
□流域人口:約10万人
□イメージ:日本最後の清流、カヌーの聖地、アユ、アカメ、トンボ、沈下橋、屋形船、自然がいっぱい…など



川の自然再生事業は、次の3つのポイントに基づいて進められます。

1)「流域」という視点での事業計画の策定
2)順応的・段階的な事業の実施(状況に応じて計画を見直す)
3)流域住民・学識者・行政など、関係する多様な主体の協働・連携

四万十川自然再生事業においても、流域の関係各者・機関と協働、連携のもと、取り組みが進められています。
また、四万十川自然再生事業は、地域住民同士の自主的な組織化の呼び水にもなりました。「行政に頼るだけでなく、地域住民としても自らで考え、行動し、清流四万十川を未来に残したい」…四万十川自然再生事業の実施に伴い、環境保護や河川美化、漁協、観光・教育関係など、流域でそれぞれに取り組みを進めていた団体・個人の思いが1つになり、平成14年11月に「四万十川自然再生協議会」が発足しました。
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...