このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 再生協の仕事人 > 仕事人ファイル No.3
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
再生協の仕事人

平成20年3月に入田(にゅうた)河川敷で行われた「菜の花まつり」。再生協が出店した販売コーナー(ざわめきテント)では、寺田さんの元気のいい呼び声と笑顔がお客様に大好評!それもそのはず、寺田さんは四万十市内で飲食店を経営する新進若手経営者さんなのです。
インタビューでは、持ち前の営業的センスと若々しい目線で、今後の再生協の活動にかける想いなどを語ってくれました。

「入田河川敷で白い犬とたわむれている人を見かけたら、それは私です。皆さんも一緒に河原でお弁当を食べませんか?」
役員のみんなから「えっちゃん」と呼ばれ、可愛がられている寺田さん。会った途端に友達になれちゃうような、とても気さくな女性です。
 
私は幡多地域でも海のまち 大月町の出身で、四万十川との出会いは小学3年生の時になります。当時、母が中村の病院に入院していましたので、月に2、3度、父や姉たちと一緒にお見舞いに行っていました。いつも赤鉄橋の下でお弁当を食べていたんですが、その時、父から四万十川の流れの清らかさ、この川が全国的に有名なことなど、四万十川にまつわるたくさんの話を聞きました。
この記憶がとても印象に残っていたんですが、気がつけば今、私は四万十川の流れるまち 四万十市に住み、天気のいい日にはいつも愛犬のタイガー(みんなからは「タイチ」と呼ばれています)を連れて河原に散歩に出かけています。また、自分の経営するお店のスタッフと赤鉄橋の近くでバーベキューをして、童心にかえって川に入って泳いだりもしました。流れが急なところはちょっと怖かったですけど(笑)。こんな感じで、四万十川とのふれあいはずーっと続いています。

入田河川敷をお散歩中のタイチ君
 
私は中村JC(青年会議所)に所属しており、そこで再生協への参加のお誘いをいただきました。四万十川に関する知識は何もなかった私ですが、再生協に入ることで勉強することができるかも、四万十市を今よりもっと好きになれるんじゃないかな、と思って参加しました。
参加してみて感じたのは、再生協はいまや四万十市のまちづくりや四万十川の保全にとって、なくてはならない存在になっているということです。ただ、活動内容、特にイベントなどわかりやすい事業をもっと市民にPRして、どんどん参画してもらえるような呼びかけをしていく必要があると思っています。再生協の活動は、国土交通省が実施している四万十川自然再生事業とオーバーラップする部分も多く、行政の方々とも協働で取り組みを進めているんですけど、「再生協は私たち市民が主役の活動ですよ」という部分を前面に出しながら、輪を広げていきたいですね。

「川のことや地域のことなど詳しい方々に囲まれて、とても勉強になります」と寺田さん(左端:役員会にて)
 
私は仕事柄、人をもてなすことが大好きです。3月の「菜の花まつり」では販売コーナーを担当させていただいたんですが、とてもいい経験になりました。連日「完売御礼」が出たこともですけど、何よりイベントが盛り上がり、私の大好きな四万十川の河原に、たくさん人が集まったことが嬉しかったです!
実現可能かどうかはさておき、再生協での私の夢は、全国の四万十市・四万十川ファンの皆さんや、一度遊びに来てみたいなーと思っている方々を対象に、1万人規模での「おもてなし祭」をやることです。9月に入田河川敷で県外の観光客の方を対象とした「川なべ」ってイベントがありましたが、ああいったイベントをもっともっと膨らませて実施したいですね。来て下さるお客様を増やすことももちろんですが、もてなす側の参加者も広げて。再生協に参加している多くの団体の皆さんに呼びかけて、お客様をもてなしたいですね。あ、販売コーナーはぜひ私におまかせ下さい!

菜の花まつり。たくさんの人でにぎわうざわめきテント(販売&わたがし・水ヨーヨープレゼントコーナー)
 
えっちゃん、仕事人ファイルNo.4に登場する方を紹介して下さい。

「ビッグボスの登場です!私にとっても、中村JCにとっても頼れる兄貴的存在。面倒見がよく、後輩からだけでなく、先輩方からも頼りにされています。厳しさの中にもやさしさがある、思いやりを持った素敵な方!!」

さて、誰でしょう?お楽しみに!
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...