このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 再生協の仕事人 > 仕事人ファイル No.4
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
再生協の仕事人
実行第一の仕事人
3月に入田(にゅうた)地区の河川敷で開催される「菜の花まつり」は、四万十川自然再生協議会の主要なイベントの1つとなりました。その際、事前に重機を使って草刈りをしてくれたり、当日は出店運営のために、発電機やちくわ焼き機など、さまざまな機材・資材を調達してきてくれる佐田さん。合言葉は「まず実行!」。再生協の縁の下の力持ち的存在です。そんな行動派の佐田さんにお話をうかがいました。
佐田博さん
「何でもやってみないとわからないじゃないですか」と語る佐田さん。
再生協の活動以外にも、中村商工会議所青年部に所属し、若手経営者の勉強会や四万十川ウルトラマラソンのボランティアなどで日々走り回っておられます。
 
「人と自然との共生」というスローガンに共感
普段は道路、橋の建設や堤防の護岸工事など、土木の仕事をしています。土木って自然再生とのつながりが薄そうに見えますが、四万十地域では違いますよ。土木工事の中に「自然」の要素が満載ですから。例えば、四万十川は生き物に配慮した護岸整備など、「多自然川づくり」の発祥の地ですし、四万十川自然再生事業では、アユが産卵しやすい河原環境を再生したり、ツルが越冬しやすい場所を創るために、地元の土木屋さんが活躍しています。
私自身、子どもの頃に見た水がきれいで水量も多かった四万十川の姿や、しょっちゅう川に行ってアユやウナギ、エビなどを捕まえていた記憶は、絶対に未来につないでいきたいと思っていますから、再生協の「人と自然が共生する四万十川の再生」のスローガンに、とても共感して活動しています。地元の土木屋さんとして、また四万十地域に住む者として、自分のできることを考え、行動しなければと、身の引き締まる思いです。
入田の河原で四万十川自然再生事業「アユの瀬づくり事業」について語り合う佐田さん(左)と西尾会長
入田の河原で四万十川自然再生事業「アユの瀬づくり事業」について語り合う佐田さん(左)と西尾会長
 
新たな「川とのふれあい」のあり方を模索中
平成16年8月、39歳の夏に運営に携わった「(社)中村青年会議所50周年記念事業 四万十チャレンジ2006」は、大変印象に残っています。ペットボトルを用いた手作りいかだでタイムを競うレース「環境(エコ)SHIPコンテスト」や、環境にやさしい商品や特産品の展示販売、水上畳走り競技「敏1(ビンワン)グランプリ」などを行いました。昔のテレビのバラエティ番組みたいに、水上に浮かべた畳の上を走るんですよ。もちろんお約束の
ドボ〜ン(=水没)もあり。それがもう楽しくて、楽しくて(笑)。子どもたちもたくさん参加してくれたし、とにかく久しぶりに四万十川と全身でふれあった気分でした。

四万十川チャレンジ昔のように、川遊びとか日常的な川とのふれあいの機会が少なくなった今、ちょっと突飛でも、楽しみながら川とふれあい、そこから環境への関心を高めることのできる、そういったプログラムが必要です。また、四万十川を未来につないでいくのは、地域住民そして全国の四万十川ファンだと思っています。だから、私は多くの方に四万十川に訪れていただけるイベントづくりに力を入れています。例えば、3月に行っている「菜の花まつり」。これを広くPRし、全国の四万十川ファンが四万十川の河川敷に集まってくれるようなイベントにしたいです。
 
若手副会長は実行部隊長
菜の花まつりの様子再生協は発足当初より、短期目標のほか、中期5年、長期10年の目標を立てて活動を行ってきました。現在、その中期に入っていますが(再生協は平成19年11月に5周年を迎えています)、まだまだ始まったばかりだと思います。これまでさまざまな活動を行ってきましたが、今後の活動がさらに重要になってくると考えています。今、積極的に活動している人の輪を、さらに大きな輪へと広げていくことが必要です。
そのためには、再生協のことを1人でも多くの皆様に知っていただき、私たちの四万十川に対する思いや今実施している取り組みを理解してもらうことが第一歩です。そして、身近な四万十川の大切さに気づいてもらいたいです。私は、「頭で考え悩むより、まず実行!」というタイプ。いろいろなイベントを開催して、再生協の取り組みや四万十川のよさをPRする「実行部隊」として走り回っていきたいですね。
みんなが四万十川に愛着を持ち、自然に四万十川の自然再生を考えることができるようになれば、おのずと昔の自然あふれる四万十川になっていくと思いますよ。
 
予告仕事人ファイル
佐田さん、次回の仕事人ファイルに登場する方はどんな方ですか?

「再生協の中で最も気が利く、兄貴的存在のまじめな方です!」

さて、誰でしょう?お楽しみに・・・
さて、誰でしょう?
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...