このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > マイヅルテンナンショウの会
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
平成13年、国土交通省の調査により四万十川下流域の四万十市入田(にゅうた)地区で、高知県内では絶滅したとされていたマイヅルテンナンショウが確認されました。その後、「四万十川自然再生事業(アユの瀬づくり事業)」の実施にあたって改めて行われた平成18年の調査では、国内最大級の群生地が発見されました。
このマイヅルテンナンショウは環境省レッドデータブックで絶滅危惧II類(VU)に区分され、全国的に見ても大変貴重な植物です。また、平成21年8月には、生育地の入田地区は「高知県希少野生動植物保護条例」で初の保護区指定を受けています。現地には標識も立ちました。
「マイヅルテンナンショウの会」では、この貴重な植物マイヅルテンナンショウを地域住民一体となって守り育てる取り組みを行っています。
 
Contents
活動趣旨
会員構成・役員紹介
事業内容
マイヅルNEWS  2017/07/07更新!!
お問合せ・入会申込
マイヅルテンナンショウの会は、絶滅危惧種マイヅルテンナンショウの保護育成を図るとともに、希少植物と四万十川の環境保全に努めることを目的として、平成19年7月7日に設立された市民団体です。高知県では一時は絶滅したとされていたマイヅルテンナンショウが四万十川流域で発見され、それを地域のシンボルとして守り育てていこうというこの取り組みは、まさに四万十川の原風景の再生、「四万十川自然再生」そのものです。
保護育成活動は、「市民が主役」で行っており、「四万十特産のマイヅルテンナンショウ」として地域内での知名度も高まっています。また、調査研究などにおいては、高知県立牧野植物園や国土交通省中村河川国道事務所のご指導・ご協力をいただいており、官民協働の取り組みとしても大変注目されています。
マイヅルテンナンショウの会 名誉会長 澤良木庄一
 
マイヅルテンナンショウの会は、四万十川の自然に興味のある地元住民(小学生もいます!)を中心に、研究者や行政職員などさまざまなメンバーで構成されています。
役員は以下のとおりです。
 
役職 氏名 所属・団体名
会長 山崎 憲男 自然観察指導員連絡会
副会長 田城 松幸 自然観察指導員連絡会
幹事 前田 綾子 高知県立牧野植物園
上岡 貞夫 中村プラザデザイン事務所
佐田 博 中村商工会議所
中山 清暁 中村青年会議所
林 匡彦 あざみの会
会計 岡添 眞子 文化協会
会計監査 西尾 正 四万十川自然再生協議会
平石 英正 中村商工会議所
平成24年6月現在
マイヅルテンナンショウの会では、主に3つの取り組みを行っています。
マイヅルテンナンショウは絶滅が危惧される貴重な植物ですが、その生態等についてはまだまだ不明な点もたくさんあります。そこで、取り組み方針や事業内容について、総会や役員会でしっかりと協議・検討したうえで、取り組みを進めています。
 
マイヅルテンナンショウの会の新着情報を掲載しています。
 
2017.7.7   平成29年5月20日にマイヅルテンナンショウ保護区で草刈りを行いました(約40名参加)
2017.7.7   平成29年5月20日に第11回総会を開催しました(約35名参加)
2016.11.21   平成28年11月5日にマイヅルテンナンショウ保護区で草刈りを行いました(約30名参加)
2016.6.13   平成28年5月28日にマイヅルテンナンショウ保護区で植物の観察会と草刈りを行いました(約30名参加)
2016.6.13   平成28年5月28日に第10回総会を開催しました(約30名参加)
2015.11.2   平成27年10月17日に、マイヅルテンナンショウ結実株の観察と自生地の草刈りを実施しました(約40名参加)
2015.6.6   平成27年5月30日にマイヅルテンナンショウ保護区で植物の観察会と草刈りを行いました(約45名参加)
2015.6.6   平成27年5月30日に第9回総会を開催しました(約45名参加)
2015.3.27   平成27年3月7〜8日、「入田ヤナギ林菜の花まつり」のメインイベントで防災植物学習コーナー等を運営しました
2015.1.21   平成26年11月8日にマイヅルテンナンショウの自生地草刈りと為松公園での自然観察会を行いました
2014.6.27   平成26年5月24日、入田地区でマイヅルテンナンショウの観察会を行いました(約50名参加)
2014.6.27   平成26年5月24日、第8回総会を開催しました(約40名参加)
2014.3.20   平成26年3月8・9日、「入田ヤナギ林菜の花まつり」に参加し、野草料理試食コーナーと"防災植物"(災害時など困った時に食べることができる植物)の学習会を行いました
2014.3.5   平成26年2月16日にマイヅルテンナンショウの自生地草刈りを行いました(約20名参加)
2013.12.26   平成25年11月16日に、マイヅルテンナンショウ保護育成活動と入田ヤナギ林内の自然観察会を実施しました(約40名参加)
2013.7.11   平成25年6月1日、入田地区のマイヅルテンナンショウ保護区で観察会と保護育成活動を行いました(約50名参加)
2013.7.11   平成25年6月1日、第7回総会を開催しました(約50名参加)
2013.3.19   四万十川花絵巻“菜の花の巻”「菜の花の宴」で自然観察会と野草料理の試食会を担当しました
2012.12.28   平成24年11月10日、マイヅルテンナンショウの保護育成活動を実施(自生地草刈り:約20名参加)
2012.6.25   平成24年6月2日、入田地区のマイヅルテンナンショウ保護区で観察会を開催しました(25名参加)
2012.6.25   平成24年6月2日、第6回総会を開催しました(約40名参加)
2012.5.31   平成24年5月19日、土佐清水市大岐の浜のマイヅルテンナンショウ群生地で観察会を実施しました(約60名参加)
2011.11.30   マイヅルテンナンショウの保護育成活動を実施!(自生地草刈り:約30名参加)
2011.10.22   10月22日に予定されていた第33回四万十川自然観察会は中止になりました
2011.5.25   平成23年5月7日、入田ヤナギ林のマイヅルテンナンショウ保護区で生育状況を観察しました(約60名参加)
2011.5.25   平成23年5月7日、第5回総会を開催しました(約40名参加)
2011.3.24   四万十川花絵巻「菜の花の巻」で自然観察会と野草料理の試食会を担当しました
2010.11.2   平成22年10月23日、マイヅルテンナンショウの果実観察と保護区の草刈りを行いました(約50名参加)
2010.6.16   平成22年6月14日、後川流域田野川地区のマイヅルテンナンショウの生育状況を確認(約10名参加)
2010.5.19   平成22年5月8日、第4回総会を開催しました(約50名参加)
2010.5.13   平成22年5月8日、マイヅルテンナンショウと新緑のヤナギ林内の観察会を開催しました(約50名参加)
2009.11.2   平成21年10月24日、自生地と移植実験地で草刈りを行いました(約50名参加)
2009.10.28   総会の後に自生地と移植実験地を視察しました(約70名参加)
2009.10.28   平成21年5月9日、第3回総会を開催しました(約50名参加)
2009.10.28   「マイヅルテンナンショウの会」のページが再生協HP内にできました!
四万十川の貴重な自然の1つ、マイヅルテンナンショウの保護育成に向けて、ともに汗を流しませんか?マイヅルテンナンショウの会では、ただいま会員募集中です!

入会金は2,000円で、入会した方にはオリジナルTシャツをプレゼント!
※年会費等は必要ありません(平成21年10月現在)。
 
 
中村プラザデザイン事務所(担当:上岡貞夫)
〒787-0019 高知県四万十市具同7361-3
tel: 0880-37-1454 fax: 0880-37-3906 e-mail: plaza@alpha.ocn.ne.jp
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...