このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 新着情報
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
 
セブン−イレブンみどりの基金広報誌の取材を受けました!
【セブン−イレブンみどり基金広報誌取材】
□日時:平成22年4月21日(水)
□場所:入田河川敷
□参加者:7名

環境保全団体などへの支援を行っているセブン−イレブン記念財団より、広報誌『みどりの風』(2010年夏号)に四万十川自然再生協議会の取り組みや「アユの瀬づくり事業」に関する記事を掲載したいとの依頼があり、心地よい春風の吹くなか入田河川敷のアユの瀬づくり事業実施箇所において取材が行われました。

まず、西尾会長が再生協結成までの経緯について当時のさまざまな苦労を含めて説明し、続いて事務局より河畔林の間伐や河原の切り下げなど、「アユの瀬づくり事業」について詳しく紹介しました。また、平石事務局長からは「ツルの里づくり事業」について写真を交えて説明し、みどりの基金の助成によってツルの越冬環境整備が着実に進められていることや、平成22年2月には「第1回 四万十つるの里まつり」が開催され、取り組みを広く地域住民へPRできたことなどを紹介しました。このほか、菜の花まつりや水中探偵団、四万十の水辺八十八カ所の標柱設置の取り組みなども話題に上り、再生協の多彩な活動を大いにアピールしました。最後に、西尾会長が「今後は再生協の自立が課題。県や市とも連携を強めていきたい」と力強く締め括りました。

さて、このインタビュー、どのように全国に発信されるのでしょうか。今から発刊が楽しみですね!!

《写真》
いずれも河原での取材の様子。インタビューは終始和やかに行われました!
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...