このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 新着情報
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
 
第9回総会 開催!
【第9回総会】
□日時:平成23年2月19日(土) 14:00〜17:15
□場所:四万十市防災センター 2F
□参加者:総会59名、記念講演81名

■□■ 総会概要 ■□■
2月19日、四万十市防災センターにおいて第9回総会が開催されました。
はじめに、西尾正会長が平成22年度の取り組みについて紹介。小学校の総合学習の講師を担当したり、各種広報誌の取材を受けたりと新たなチャレンジの多い年であったことを振り返られました。
また、23年度には各種取り組みを継続するほか、「四万十の水辺八十八カ所」について、標柱が一部老朽化しているため、4月に総点検を計画していることなどが説明されました。このほか、今後は会計運営を行い、ボランティア助成金等にも応募して、取り組みをさらに活発化させていくことが決まりました。


■□■ 記念講演 ■□■
「小さな地域の大きな防災」
講師の山崎水紀夫さん(NPO高知市民会議)に聞きました。

私は「自主防災組織」の取り組みにユニークな遊び心を取り入れ、活動を楽しいものにしていくことを提案しています。
確かに災害に遭うと悲惨です。ですが、そういったシビアな活動だからこそ、逆に日頃の楽しさや笑顔が重要なんです。例えば、防災の替え歌を作ってみんなで一緒に歌ったり、ゲームをしながら防災について学んだり…。その時には女性の視点がとても役に立つので、企画段階からぜひ女性に参加してもらって下さい。また、多くの人たちに参加してもらうために、活動に子どもたちを巻き込んでいくことも一つの方法。子どもを巻き込めば自然と親がついてきます。
防災のために備えるというよりは、防災活動で地域力も高まることを意識して、地域ぐるみで災害に備えていきましょう!


《写真》
上:総会の様子
中:記念講演講師の山崎さん
下:中学生が地域の大人と一緒に行う防災地図づくり
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...