このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 新着情報
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
 
アユの瀬づくり事業の意見交換会が開催されました
【四万十川自然再生事業(アユの瀬づくり事業)の意見交換会】
□日時:平成23年10月24日(月) 15:00〜17:30
□場所:中村河川国道事務所(2F会議室)、入田河川敷(アユの瀬づくり事業実施箇所)
□参加者:41名

四万十川漁業協同組合連合会と四万十川自然再生協議会、中村河川国道事務所の三者による「四万十川自然再生事業(アユの瀬づくり事業)」に関する意見交換会が開催されました。この意見交換会は毎年恒例となっています。

室内での意見交換では、「アユの瀬づくり事業」の概要や施工前後の比較写真、昨年度の産卵場調査の結果等が紹介されました。
その後のディスカッションでは、漁協が独自に産卵場造成の取り組みを進めていることもあり、「浮き石状態のザクザクとした柔らかい河床がアユの産卵に適している」ことは共通認識となっているのですが、より具体的にどんな状態が望ましいのかといった話題が議論の中心となりました。さまざまな質問・意見が出され、活発な意見交換が行われました。浮き石状態の産卵場が自然に生じるメカニズムは未だ明らかになっておらず、今年度のモニタリング調査の結果への期待が高まりました。

事業実施箇所の現地視察では、昨年度は大きな出水がなく、河原にびっしりと生えていたヤナギタデ等の草本類が台風6号など今夏の度重なる出水で一掃された状況を確認しました。また、実際に歩いてみることで、ここ数年内で最も良好な状態になっているとされる河原の状態を体感することができました。


《写真》 ※写真はクリックすると大きくなります。
上:室内での意見交換の様子
中:ディスカッションで、アユの生態について語る参加者
下:みんなで河原を歩いて状態を確認(現地視察)
■□■ ご協力下さい ■□■
河原に車で乗り入れると、ザクザクとした河原が固まってしまい、アユが卵を産めません。
四万十川のアユを守るために、車で河原に入らないよう、ご協力をよろしくお願いします!
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...