このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 新着情報
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
 
中筋川ダム「蛍湖まつり」開催!
【第16回中筋川ダム「蛍湖まつり」】
□日時:平成23年11月13日(日) 10:00〜15:00
□場所:中筋川ダム(宿毛市)
□参加者:約2,000名
□主催:蛍湖まつり実行委員会

3月の東日本大震災を筆頭に、9月には近畿・東海地方等を襲った台風12号など、今年は甚大な自然災害が発生しました。また、私たちの住む四国地方には近い将来南海地震が襲来するともいわれ、さらには近年増加傾向にあるゲリラ豪雨など、これから起こりうるさまざまな災害に備える必要があります。こういった背景から、今年度の「蛍湖まつり」は「親子で学ぼう!防災のいろいろ」をメインテーマに開催されました。

この日は、ダム管理庁舎内で地震や津波についての講義が行われ、災害に対する基礎知識や身近な防災術等が披露されました。また、メインステージでは、中筋川ダム主催のイベントでおなじみとなったヨガインストラクターの牧野由佳さんによるヨガ教室や、高知県警本部音楽隊によるコンサート、三原小学校児童による水生生物調査の発表会などが行われ、多くの親子連れで賑わいました。

ダム湖周辺には、地元婦人会による「うまいもの市」のほかたくさんのテントが並びました。四万十川自然再生協議会も「自然観察会」と「竹のおもちゃで遊ぶコーナー」の運営を担当し、四万十川・中筋川流域で見られる草花や陸封アユなど魚類の実物の展示が、子どもたちに大人気でした。

このほか、被災地で実際に活躍した自衛隊による災害対策車両の展示や炊き出し体験等も行われ、今回のイベントを通して、地震や津波、豪雨、洪水等、自然災害の恐ろしさを改めて知り、今まで以上に防災や身近な地域の自然について興味や関心を持ってもらうことができたものと考えられます。


《写真》 ※写真はクリックすると大きくなります。
上:にぎわう会場(ヨガ教室)
中:自然観察会では日頃よく目にする植物をたくさん紹介しました
下:竹のおもちゃで遊ぶコーナーは毎年子どもたちに大好評!!
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...