このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 新着情報
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
 
中筋川ダムで「蛍湖まつり」が開催されました
【第18回蛍湖まつり】
□日時:平成25年10月6日(日) 10:00〜14:00
□場所:中筋川ダム
□来場者:約1,200人
□主催:蛍湖まつり実行委員会

多彩なパフォーマンスと美味しい地場産品の数々、勉強になる展示が一堂に会することで、地元住民に大変親しまれている「第18回蛍湖まつり」が開催されました。
当日は朝から断続的に雨が降るあいにくの天候でしたが、約1,200人が中筋川ダムに訪れました。

パフォーマンスでは、地元局のテレビ番組でおなじみの土佐かつおさんのトークライブや宿毛市立東中学校のブラスバンド演奏、ご当地アイドルSSD38(清水さばダンサーズ)のソング&ダンス、幡多ちんどんクラブのお練りと、地元で活躍する方々が次々にステージに登場しました。また、ホビー館のキャラクターなどご当地ゆるキャラも登場し、子どもたちは大喜びでした。

また、「蛍湖まつり」ならではの催しであるダム内部見学と、ダムの表面を掃除する洗浄放水も行われました。今年は限定企画としてダム内の通路がイルミネーションで彩られたこともあり、ダム内部へ入るエレベーターの入口には終始長蛇の列ができていました。

このほか、ダム上の通路の地元婦人会による「うまいもの市」では、来場者が舌鼓を打ち、AEDや災害用伝言ダイヤルの体験コーナー、木工教室など、幡多地域の民間団体や行政等のテントでは、地元や日常に密着した内容で多くの来場者の興味を引いていました。
四万十川自然再生協議会は「自然観察会」として、中筋川流域で見られる動植物のパネルと、この日の朝にダム周辺で採集してきたばかりの植物の展示・解説を行いました。植物を実際に手にとって観察できることから、とてもわかりやすいと来場者に好評で、祭りの楽しい雰囲気の中で環境保全について学んでもらうことができました。

イベントの締め括りとして行われた恒例の「おもち投げ・お菓子投げ」の際には雨脚が強まりましたが、来場者はそんなことはものともせず、満面の笑みで餅や菓子をキャッチし、盛況のうちに祭りは終了しました。


《写真》 ※写真はクリックすると大きくなります。
上:可愛いゆるキャラたちが大集合!!
中:ダム内部はイルミネーションで幻想空間に
下:自然観察会(再生協運営)の植物展示コーナーの前には人だかりができました
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...