このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 新着情報
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
 
たこ作り教室・新春たこあげ大会を開催!
【たこ作り教室】
□日時:平成27年12月20日(日) 9:00〜12:00
□場所:四万十市立中央公民館(2階 大ホール)
□参加者:約40名
□主催:四万十川自然再生協議会、高知県青少年対策推進幡多支部、青少年健全育成四万十市民会議

今年度は日曜日に開催したため、親子での参加が多く、年明けの「たこあげ大会」であげる和凧作りに挑戦しました。最大の難関である骨組み作業では、なかなかうまく組み立てられない参加者も。再生協などのスタッフが手伝って何とか骨を組みあげ、最後に和紙を貼って、今大人気の「妖怪ウォッチ」のキャラクターや翌年の干支のサルなどの絵を描いて仕上げました。
完成した凧がうまくあがるか、その場で試している子もいて、終始にぎやかな雰囲気の教室となりました。


【新春たこあげ大会】
□日時:平成28年1月17日(日) 13:00〜14:30
□場所:入田河川敷(四万十市キャンプ場)
□参加者:約50名
□主催:「たこ作り教室」に同じ

この日は、今にも空が泣き出しそうなお天気で、開催が危ぶまれていましたが、自慢の和凧を片手に参戦した子どもたちの気合で、大会を決行!
最初はうまく風に乗せられなかった子もいましたが、親子連携プレイで凧が空に舞い上がると、大歓声が起こりました。風に乗った凧はぐんぐんとあがっていき、凧糸の長さが足りなくなり、あわてて糸を足して、空高く見えなくなるくらいまであげている凄腕(すごうで)の持ち主もいました。
大会終了後には「たこあげキング」や「たこあげクイーン」などの表彰が行われ、参加した子どもたちに参加賞が配られました。豚汁も振る舞われ、心身ともに温まるイベントになりました。


《写真》 ※写真はクリックすると大きくなります。
上:「たこ作り教室」の様子
中:「新春たこあげ大会」にはたくさんの子どもたちが集まってくれました!
下:上手に凧を操る子ども
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...