このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 新着情報
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
 
入田ヤナギ林一斉清掃が行われました
□日時:平成28年11月1日(火) 13:30〜15:30
□場所:入田ヤナギ林
□参加者:約220人
□主催:四万十市観光振興連絡会議

 国土交通省の「四万十川自然再生事業(アユの瀬づくり事業)」による間伐で菜の花が自生し、市民の憩いの場や観光名所となっている四万十川入田ヤナギ林では、毎年3月に「菜の花まつり」が開催されています。
 そこで、早春に菜の花が咲き、訪れた人が気持ちよく過ごせる環境にすることを目的とした一斉清掃が今年も行われました。
 清掃前のヤナギ林には、まだ記憶にも新しい9月の台風の影響で、樹木には折れ枝や枯れ草が絡みつき、地面にもゴミなどが散乱していました。
 四万十川自然再生協議会が参画している四万十市観光振興連絡会議の会員をはじめ、幡多農業高等学校や中村西中学校の生徒、地元住民など、この日集まった総勢220人の参加者は、スキやクワ、柄の長い熊手などを手に、場所を分担して枯れ草やゴミを撤去しました。
 約2時間と短い時間ではありましたが、見違えるほど明るくきれいになった林内は菜の花の開花が期待できる環境となり、観光客をお出迎えする準備が整いました。最後に主催者から、「来年、菜の花が咲いた頃には、ぜひ皆さんもヤナギ林へ足をお運び下さい」と呼びかけがありました。


《写真》 ※写真はクリックすると大きくなります。
上:清掃の様子
中:ヤナギの木に絡みついた枯れ草を取る再生協メンバー
下:拾い集めた大量の折れ枝を軽トラックに積み込む高校生
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...