このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 新着情報
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
 
「入田ヤナギ林一斉清掃」が行われました
□日時:平成29年11月8日(水) 9:00〜12:00
□場所:入田ヤナギ林
□参加者:約50名(入田地区、四万十市観光振興連絡会議、国土交通省中村河川国道事務所等)
□主催:四万十市観光振興連絡会議(四万十川自然再生協議会も連絡会議の一員です!)

 国土交通省中村河川国道事務所の「四万十川自然再生事業(アユの瀬づくり事業)」による河畔林の間伐で、林床に菜の花が咲くようになった四万十川の入田ヤナギ林。自然観察会のフィールドであり、私たちにとって特に思い入れのある大切な場所の一つです。
 毎年3月には「入田ヤナギ林 菜の花まつり」も開催しており、キレイな河畔の状態で来場者の皆様をおもてなししたいとの思いから、四万十市観光振興連絡会議の呼びかけで、毎年秋にボランティアの清掃活動を行っています。
 四万十川は今年、記憶にも新しい9月の台風18号、10月の台風22号と、二度の台風で増水し、ヤナギ林には例年よりも多くのゴミや流木が散乱していました。また、見上げると樹上にモク(枯れ草や折れ枝など)がびっしりと絡みついている状況でした。
 清掃当日はあいにくの雨模様。ですが、地元入田地区の方々をはじめ、様々な団体から集まった精鋭50名は、雨にも負けず、大量に落ちているゴミや木の枝をスキやクワを使って拾い集め、ヤナギに絡みついているモクなどは長い棒や重機を使って取り除きました。
 清掃には決してよくないコンディション。ぬかるみに足を取られそうになったり、落ちてくる雨粒に目を細めたり、雨合羽の中は汗みどろ…。思うように作業を進めることができず、予定していた範囲のすべてを時間内に清掃することはできませんでしたが、作業した場所はとてもキレイになり、みんなで泥だらけになって頑張った成果は出せたと思います。


《写真》 ※写真はクリックすると大きくなります。
上:モク取り
中:運搬・撤去
下:ヤナギ林Before・After
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...