このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 新着情報
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
 
マイヅルテンナンショウ保護区で草刈りを行いました
□日時:平成29年12月22日(金) 9:00〜11:00
□場所:入田ヤナギ林(マイヅルテンナンショウ保護区)
□参加者:14名
□主催:四万十川自然再生協議会・マイヅルテンナンショウの会

 四万十川入田ヤナギ林にあるマイヅルテンナンショウの自生地は、高知県の条例で保護区に指定されており、今年も四万十川自然再生協議会とマイヅルテンナンショウの会の共催で保護区の維持管理を行いました。
 例年10月頃に開催していましたが、台風により延期され、12月の実施となりました。
 マイヅルテンナンショウは、地下で「球茎(きゅうけい)」と呼ばれるイモの姿で冬を越し、翌春に発芽します。そこで、太陽の光が多く届くように地表を覆う草を刈り、5月の観察会で生育個体を発見した場所に立てた目印の竹杭の立て直しを行いました。
 この日は、平日の開催ということもあり、少ない人数での実施となりましたが、竹杭に注意しながら刈払機を用いて汗を流しました。参加者は、きれいになった保護区を眺めながら翌春に多くのマイヅルテンナンショウが生育することに期待を寄せました。


《写真》 ※写真はクリックすると大きくなります。
上:刈払機の準備
中:草刈りの様子
下:きれいになったマイヅルテンナンショウの保護区
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...