このサイトについてプライバシーポリシーリンク・著作権についてお問合せ
四万十川自然再生協議会
トップページへ
前のページに戻る
四万十川自然再生協議会 > 新着情報
四万十川自然再生事業とは
四万十川自然再生事業について
四万十川自然再生事業のとりくみ
活動報告
資料室
動画で見てみよう!再生協NEWS
くるくるめぐる四万十百景
みんなでつくる四万十徒然草
再生協の仕事人
マイヅルテンナンショウの会
 
 
たこ作り教室・新春たこあげ大会が開催されました
【たこ作り教室】
□日時:平成29年12月27日(水) 9:00〜12:00
□場所:四万十市立中央公民館(2階 大ホール)
□参加者:約65名
【新春たこあげ大会】
□日時:平成30年1月14日(日) 13:00〜15:30
□場所:入田河川敷(四万十市キャンプ場)
□参加者:約50名
【実施主体】
□主催:青少年健全育成四万十市民会議
□共催:四万十川自然再生協議会、高知県青少年対策推進幡多支部、四万十市教育委員会

 「たこ作り教室」と「新春たこあげ大会」は、昔から親しまれてきた和凧を通して友達とのふれあいや親子の語らいを深め、自然に親しむ心を養い、明るく健やかな青少年を育てることを目的とした取り組みで、再生協も毎年、凧作りの先生として参加しています。
 年末の「たこ作り教室」では、最初の作業でありながら最も難しく、凧がうまくあがるかを左右する重要な骨組みに、子どもたちの表情は真剣そのもの。保護者やスタッフの手も借りながらやっとの思いで骨を組み上げ、ホッとした後は真っ白な和紙を貼りました。そして、人気のキャラクターや干支の戌(犬)など思い思いの絵を描き、「世界にひとつだけの凧」を完成させました。
 そして、年が明け、迎えた「たこあげ大会」。この日はお天気には恵まれたのですが、ほとんど風がない凧あげにはあまりよくない状態でした。子どもたちは時折吹く風に凧を乗せようと四万十川の河川敷を全力疾走するものの、凧はなかなか上がらず…。骨のバランスを整えたり、しっぽを長いものに付け直したり、試行錯誤の末、凧が空に舞い上がると、会場全体が拍手喝采に包まれました。
 四万十川の河畔に舞う凧、そして、満面の笑みで走り回る子どもたちを眺めつつ、私たち再生協メンバー一同、将来の四万十川の自然の守り手となる次世代の育成に関する取り組みの大切さを感じた一日となりました。


《写真》 ※写真はクリックすると大きくなります。
上:真剣に凧の骨を組む子ども
中:完成した和凧を手に記念撮影
下:「新春たこあげ大会」の様子
このページのトップへ
(お問合せ)
国土交通省四国地方整備局中村河川国道事務所 計画課
高知県四万十市右山2033-14
tel:0880-34-7306 fax:0880-34-1395 e-mail:skr-nakama40@mlit.go.jp
...